まるでぬいぐるのみのような、およそいきものとはおもえぬ手ざわりと、太陽に洗われた猫の香りの、なんと馥郁たることよ。