溶けこんでいるかのようだった。その上にぴったり重なった彼女は、まるで模様のように、ごく自然に、ちいさな奇跡のかたちをして寝ころんでいた。