無の目 – guremike


無の目

その目をしだした彼女は、いつもとはどこかちがった。おなかをぐりぐりされても、みぎやひだりへごろごろされても、虚空をみつめたまま、すべてをうけいれていた。