それからしばらくの間、私は彼女を見つけると、つかまえてはひっくりかえし、その目にした。そうせずにはいられなかった。彼女もまた、その目にされることを、拒むことはなかった。