かえりみれば、君の運命は数奇なものだったよ。君はほかの猫よりもすこしだけ美しく生まれついた。そして利口だった。ニンゲンにとりいる手練手管なんて天才的といってもいい。そんな君にとって、それは青天の霹靂ともいうべき出来事だったろう。まさか、ごはんのお皿と寝床とおべんじょを往復しているだけの、だらしなくて、ぶさいくで、そのうえ少し太っている、あのお馬鹿ないきもの「じゃないほう」と呼ばれる日がくるなんて。