キッチンマットはかく語れり

僕、やっちゃった感じですか? ─── ガラス玉のようにおおきな眼の奥で、そんなふうに問う彼は、すでに運命をうけいれていたのかもしれない。さあ、こっちへ。