むかしから、赤子には畳をなめさせるぐらいがちょうどいいとは言うが、はて。ともあれかくもあれ、手には猫毛をにぎりしめ、頭には猫毛をはやし、なんとわが家にふさわしき子よ。