─── 殺れよ。ものかげから、すっとあらわれた彼に、私はそうつぶやいた。まっすぐこちらにむけられたお大きな瞳孔が、まるで銃口のようにみえた。ズキュゥゥゥゥゥゥン!!!