「お芋のふみならし」と呼ばれる技術が存在する。みずからのおもさを利用し、毛布やクッションなどの形状を体のかたちにあわせて加工、成形する技術であり、巣の建造ほか、日常生活のさまざまなシーンにおいて観測される、ぐうたらな事象である。