そのむかしのある年の暮れ。神さまが、動物たちをあつめて「新年のあいさつに来い。競争をして先についた十二匹を、その年の代表にしてしんぜよう」とおっしゃった。動物たちのなかには猫もいたが、鼠に一杯食わされて競争に参加できなかったのだとか。怒った猫は、それからというもの、鼠をみると追いかけるようになったのだとか、そうでないとか… しかし、かしこくてすばしこい猫のこと。もしも競争に参加できていたなら、いまごろ猫年が存在していたはず!!

─── とは、いささか早計かもしれぬ。彼らはかしこくてすばしこいが、それよりずっときまぐれでだらしない。どうせ、そのときになったら競争のことなんてしらんぷりでごろごろしていたことでしょう。猫年の、ゆめのまたゆめ、いちふじにたかさんなすび。しおうぎごたばころくざとう、ねこはこたつでまるくなる。ハッピー!