みるみるうちに、彼らは遠のいた。写真をとるのをやめ、追いかけようともしたが、彼らのつけたちいさな足跡を壊してしまうのがもったいなくて、ファインダー越しにもうすこしだけみまもることにした。