とくべつな冬があった。十年前のちょうどいまごろ。大雪のあとの凍てつく海風がふきつける公園を、ふらふらになりながらかけまわった。ある友人をさがして。