たしかに、私は君におおくを望みすぎるかもしれない。君はそのことで苦悩しているかもしれない。孤独をかんじているかもしれない。でも、もしそれが、天才がゆえの苦悩だったとしたら。天才がゆえの孤独だったとしたら。もう気づいているんじゃないのかい。じぶんはほかの猫とはちがうんじゃないかって。そう、ディファレントな存在なんじゃないかって。