楽器のようにカサカサパリパリと鳴るそれは、しばらくのあいだ彼を夢中にした。両腕いっぱいにすくうと、ときどきびゅうっとやってくる、こがらしと宙を踊った。そのリズムにあわせて、彼もぴょんぴょん地を蹴った。雲ひとつない、すいこまれそうな冬の青空めがけて。