「ごって!ごって!」と言うので、なんのことかとおもったら「だっこ」のことだった。あたまのなかで音がいれ替わったり、ひっくり返ったりしたんだろうなとおもうと、わからずともないところが、ほほえましい。

ほかの言いまちがえを聞いていても、濁音や促音、長音のいれかたは、だいたい正しい。こどもはほんとに言葉を「音」でおぼえていくんですね。なぜもどうしてもない。だから、まわりのおとなたちは言葉づかいに気をつけなくちゃね。