こうする #1 “遭遇”

おもたい体躯をあずけるのにちょうどよいそれは、彼女のすべてをうけとめるかのように、なだらかなスロープをえがいてそこに在った。はじめから、彼女はそのことをしっていたのかもしれないし、或いは、僕らの見た、その日よりもずっとまえから、こうしていたのかもしれない。