彼女の形状は、しだいにこうするやつのなだらかなスロープにあわせ、変化しだした。こうされるやつもまた、彼女の変化をうけいれた。すべては不確実で曖昧なこの世界にあって、変化だけがただひとつの真理であるかのように、こうするやつの背にぴたりとはりつき、彼女は傾斜した。