猫の毛色の遺伝は、おもしろい。法則がわかると、子から父母の毛色を予測することができるし、逆に父母から子の毛色も予測できる。毛色を決定する遺伝子で、わが家の猫たちに関係するものをあげると、オレンジ遺伝子、ダイリュート遺伝子、スポット遺伝子など。兄がグレー色をしているのは、このダイリュート遺伝子によって、黒色がうすめられたから。

オレンジ遺伝子(O遺伝子)は、黒い毛を茶色にする。X染色体上にある。優性遺伝子の「O(ラージオー)」だと茶色、劣性の「o(スモールオー)」だと黒になるが、X染色体の不活性化とかいう理屈で、Ooならば茶色と黒が混じる。Ooになるのはxx、つまりメスだけであるから、三毛猫やサビ猫にはメスしか存在しない(例外はある)。オスは茶色か黒かのどちらかになる。

ダイリュート遺伝子(D遺伝子)は、色を薄くする。劣性であるから、ddのときのみ発現する。スポット遺伝子(S遺伝子)は、白ブチをつくる。SSだと白の面積が多いブチ、Ssなら白の面積が少ないブチ(ハチ割れとか)、ssだとブチなしになる。

兄妹の父猫は薄い色の茶トラ。毛色の遺伝子パターンは、「O dd ss」。母猫は白黒ハチ割れで黒い面積のほうが大きかったから、「oo Dd Ss」であると予測される。そのあいだに産まれた兄は、「o dd Ss」。O遺伝子が劣性なので黒色、D遺伝子が劣性のホモ接合であるから、黒が薄くなってグレーと白の面積が少ないハチ割れが形成される。

妹は「Oo Dd Ss」。Ooなので茶色と黒が両方発色し、色は濃いまま、白ブチ。白い面積が多いのでSSっぽく見えるが、父がssで母がSsなら子どもがssなのはあり得ないから、やっぱりSsなんだとおもう。ちなみに、兄妹には姉猫が二匹いる。どちらも淡い色合いの三毛猫、つまり「Oo dd Ss」。四匹のこどものうち、三匹がddであるから、母猫はDdであった可能性が高い。

ほかにも、模様に関する遺伝子としては、一本ずつの毛が途中で色が変わって全身で見ると縞模様になるアグチ遺伝子(A遺伝子)、と、渦巻き模様になるタビー遺伝子(T遺伝子)があり、どちらも優性遺伝なので一つでも持っていれば、模様が発現する。ただし、T遺伝子に関しては、劣性のホモ接合(ttは渦巻き模様なし)でも、子猫の頃は「ゴーストタビー」として、うすい渦巻き模様が出ることもあるらしい。そういや、兄は子猫のころ、グレーのところが渦巻き模様だったなあ。