ご先祖さまってば、お茄子とまちがえてお芋のほうに乗っかって行きやしないかと、盆のたびに気が気でありません。