ぱあっとした肉球をまるでかんじきのようにして、すいすいすいと、猫というものはじつにかろやかに新雪の絨毯をゆくものである。彼女のかんじきはのぞいて。