得てして、おしゃれには犠牲がともなうものだ。昨年の、生木でこしらえたリースに猫の生毛を雪綿のようにあしらうという、常軌を逸したおしゃれツリーだったが、あとしまつにこまり、そのままほったらかしに。

お正月もすぎるとぼろぼろと葉がおちはじめ、掃除の手間をふやしただけでなく、つんとした異臭まではなちだし、もはやただのでかい生ゴミに。むっとしてハサミでこなごなにして庭にぶんなげたら、春になるとそこだけみたこともない植生が構築されるという、おしゃれエコロジーに大成功。そのため、ことしはフェイクツリーでシンプルに。

いちにちおくれの、メリークリスマス!!