しばしば「犬派猫派」の討論にまきこまれる。もちろんぐれみけさんは猫派でしょ?と思われがちだが、じつは私は、生まれたときすでに家には二匹の巨大なコリー犬がおり、そのあともおおきなやつからちいさなやつまで、絶えず犬にかこまれて育った、筋金入りの犬飼いでもある。

この十年は猫と暮らしているわけだが、どうもうちの猫たちの生態は、世間の猫のかくあらんというイメージからは、かけ離れているようで。かつて、私のまわりにいた猫のような犬たちのように。

住めば都、飼えば四本足。ながきにわたる犬派猫派の毛で毛をあらう論争についにピリオドが!?猫飼いの意識改革と猫界の平和構築をめざす、愛と感動と怠惰のお説法!ぐれみけさんの神連載「名前は、まだない」、第十四回は、あまねく猫飼いにおくる、ぐれみ研究所の最先端トンデモ進化論。つづきは書店で!ゴーゴー!!