なれあいの怠惰にあぐらをかく、老夫婦のような風格さえにじむ背に、冬の斜陽がゆったりとした光をおとす。ふたりのつくる影法師が、まるで枯れ木のそれのようにもみえ、すこし切なくもあったが、それらはさかいめひとつなく空気のようにとけあっていた。

君たちとも、そろそろ十年だねえ。