尻尾をわしづかみされたり、奇声をあびせられたり、家中おいまわされたり、トミカがつっこんできたり、レゴがふってきたり。

石のうえにも三年。赤子のまえにも三年。悪夢のようなまいにちにもようやく終わりがみえはじめ、心の傷も癒えようかというところで、もうしわけないけれど。

ふりだしにもどる。