わからないからこそ、人は想像を巡らせたり、知恵を大切にしたり、謙虚になれたりするとおもうんだよね。わからなさって、やさしさなんです。

このごろの人たちは、なんでもすぐにわかろうとしすぎます。わからないことが、まるでいけないことのような雰囲気まで生まれてしまいました。ググれカス!てなもんですよね。でも、そのグーグルがカスほどもなかったころ、インターネットには、わけのわからないやさしい場所がたくさんありました。このホームページは、そんなやさしさの残骸なのかもしれません。

たまに「ぐれみけさんって何者なんですか?」と訊ねられます。だいじょうぶ、私もわかりませんから。ココハドコ?ワタシハダレ?てなもんです。読んでるほうも書いてるほうもわからないってんだから、それはもうほんとうにわからないんだよね。大切なのは、わかろうとすることよりも、わからないものをうけいれること。わからないものは、無理にわかろうとせず、わからないままうけいれてしまったほうが、得なんです。

さて、十年です。なにかの節目には、ぴったりの数。というわけで、このへんで、みけこはすこし手を休めることにします。こんかいの妊娠と出産で、精魂尽き果てました。つづきは、みけおが。