アーティスト #2

あるときは、感情のおもむくままに、壁一面のキャンバスに爪痕の彫刻を施してみせた。