それは、気づいてしまったがゆえのあらたな悲しみのはじまり。なぜなら、鈍重な妹はレンジフードの上にのぼることができないのだ。