この箱はちいさすぎてさすがに入れないかなって。でも、もしかしたらすこしは入れるんじゃないかなって。たとえダメでも、明日はもうすこし入れるんじゃないかなって。この子なりの葛藤や信念があってのことだとおもうから、この箱はもうしばらく捨てないで、そんな彼女の一途なきもち、あたたかく見守っていきたい。