おなじような画像をふたつならべて、ある方法で眺めると、平面なのにまるで3Dのように浮かびあがって見えるのだとか。これを立体視といって、右眼で右の写真を左眼で左の写真を見る方法を「平行法」、左眼で右の画像を右眼で左の画像を見る方法を「交差法」と呼ぶらしく、どっちでもいいけど、妹はとにかく大きいということだよ!