ねこ #95 夏号

むかしから「犬は人につく、ねこは家につく」とは言うが、ねこが自由に家の敷居をまたいで、おさかなくわえて追いかけられていたような時代ならともかく、エアコンのきいた家のなかで一生を過ごすこともあたりまえの昨今。ロボット掃除機の上に乗って移動するハイテクなねこまでいる時代である。ねこも進化するらしい。すくなくとも、引っ越し好きの飼い主につきあわされ、七歳にして三度も住まいをかえてきたわが家のねこたちを見るにつけ、「家につく」とは、どうも言いきれぬ。あれは、ねこを連れてはじめての引っ越しをしたときのこと。つづきは書店で。