無の目 #1

その目をしだした彼女は、いつもとは違った。おなかをぐりぐりされても、右や左へごろごろされても、虚空を見つめたまま、すべてを受け入れていた。