赤子にゃ猫毛をたべさせろ

むかしから、赤子には畳を舐めさせて育てるぐらいがちょうどよいとは言うが、はて。