猫、踏んじゃった

足音も気配もなくやってきて、気づかれずに相手の影を踏む。しかし、気づかれなさすぎて、逆に手脚や尻尾を踏まれてしまう。イソップ物語の鼠たちは、猫のあまりの足音のなさを恐れ、鈴のついた首輪をつけようと画策したそうだが、ほんとうに鈴のひとつもぶらさげたくもなる。もっとも、鼠たちは失敗に終わってしまったそうだが。