足跡

みるみるうちに、彼らは遠のいた。写真をやめ、追いかけようともしたが、彼らの踏んだ、ちいさな足跡を壊してしまうのがもったいなくて、ファインダー越しにもうすこし見守ることにした。