黄熟

季節はずれの果実のように。冬もおわりにさしかかる頃、彼女は黄熟する。猫一倍、グルーミングに熱心で、冬のあいだずっとそれをしているから、毛皮の白いところが涎で焼けて、色を変えるのだ。夜露を吸った花びらのように、唾液でしっとりとした体躯。艷やかな純白の毛皮のヴェールの奥で、だらしなくゆれる八つのたわわな乳房。熟れた体躯をベッドになげだして。