兄妹を花に喩えたら #1

R0059904

兄は、"スイセン"がよく似合う。スイセンは、英語でナルキサス。

R0059911

そのむかし、ナルキッソスという美青年がいた。もてもてのナルキッソスは、女の子にひどいことばかりしていたので、神様が自分しか愛せなくなる罰を与えると、水面に映った自分の姿から目を離せなくなり、痩せ細って死んでしまう。その跡に、スイセンの花が咲いたのだそうだ。

R0059937

愚かな男ではあるが、美しい男ならではのエピソードと言える。わが家のスイセンも、「馬鹿なナルキッソスのやつだな」と苦笑いを浮かべながらも、心のなかでは、身につまされるおもいで、勝手にどきどきしていたことだろう。奇しくも、兄が痩せ細って死んだあとにも、時折、花が咲く。つづく ―――

R0062420