guremike

猫たちを花に喩えたら

よく”猫たちを○○にたとえたら”という話をする。有名人にたとえたら。会社員にたとえたら。アニメやゲームのキャラクター。お菓子やスイーツ。それに、花。

わが家のナルキッソス

アニーは、スイセンがぴったり。花言葉は、”自己愛”。英語名は、ナルキサス。

そのむかし、ナルキッソスという色男がいたそうだ。若くて美しく、だれからも求められるナルキッソスは、女の子をつかまえてはひどいことばかりしていたので、神様が自分しか愛せなくなる罰を与えると、水面に映った自分の姿から目を離せなくなり、痩せ細って死んでしまう。その跡に、スイセンの花が咲いたのだとか。

愚かな男とはいえ、美しい男ならではのエピソード。わが家のスイセンも、「やれやれ、バカなやつだな」と猫の狭い額に手をあてながらも、心のなかでは「(僕も気をつけなくちゃ…!)」と、その手を胸におろし十字を切っていたことだろう。奇しくも、アニーが痩せ細って死んだあとにも、時折、花が咲く。

彼女の花をさがして

つぎは、芋。まっさきにおもいつくのは、タンポポやヒマワリのような、親しみのある花。私のなかで、三毛猫はなんとなく黄色のイメージ。じっさいに、グルーミングのしすぎで体じゅうよだれ焼けして、うっすら黄ばんでいるし。それに、血まなこで虫を追いまわしたり、出会い頭に兄に殴りかかったり、窓越しに庭先の猫に飛びかかったりと、意外と武闘派な彼女には、道端に咲く野性的な花がぴったり。

でも、さがしているのは、三毛猫の花ではなく、彼女の花。見た目やイメージだけではなく、アニーとスイセンのように、個性的なエピソードが欲しいところ。そこで、インターネッツの大海原へとびこみ、想像の帆をはためかせ、ニシヘヒガシヘとマウスを走らせること、数時間。話の舞台は、地中海へ。コルシカ島はバラーニュ地方に咲くという、ある一輪の花にたどりついた。

ワインと醤油

地中海に浮かぶ島のナントカーニュ地方だなんて、いまにもワイン畑のおしゃれ臭が、そよ風にのって丘陵を駆け下りてきそう。そんな地に生息しているかの花も、地球の裏側に生息している醤油の臭いが染みついた小太りの三毛猫にたとえられようとは、朝の露ほどもおもうまい。

彼女のイメージにぴったりの黄色い花。まるこくてころころしたシルエット。タンポポのように可愛らしくも、自生種ならではの力強さを感じさせる野性味。枯れてもなお、色や形をとどめることから、”永遠”の花言葉をもつその花の名は、イモーテル

奇しくも、わが家にも老いてもなお、体型をとどめつづけ、野性味にあふれ、うすら黄ばんだ、永遠の芋の花が咲いている。ワインと醤油をつなぐ奇妙な一致に、私の愛も発酵がとまらないったらありゃしない。みなさんも、愛猫にぴったりの花をさがしてみてはいかが?